hmynblog

次男の病気の事等書いてます。

次男の話⑥心疾患

 

 

 

 

胎児が大きくなると今まで見えなかった臓器の異常が見えてくるそうです

次男君には心疾患が見つかりました

ヒグローマが見つかって

何かしらの合併症がある事は覚悟してましたが、やっぱりハッキリと見つかると不安になります

 

幾つか異常が見つかりましたが

一番心配なのが

肺動脈弁狭窄症

簡単に言うと、

心臓にある肺へ向かう血管にある

血液の逆流を防ぐ弁の異常です

その為に血液の逆流が起きている

また、血液の流れがスムーズにいかないため、心臓に必要以上の負担がかかってしまっている状態です

 

ですが、胎児の間は肺呼吸ではありません

なので、産後肺呼吸になってからでないと

どれ位の狭窄(狭さ)なのか分からないとの事でした

 

場合によってはすぐ手術の可能性もあるし

産後半年頃手術の可能性もある

つまり胎児の状態では重症度が分からない

ということ

 

 

なにそれ、超不安

今できることとしては、出産を子ども病院ですること

そうすれば万が一狭窄が重度でも

すぐに手術できる

後は信じる事でした